トップ>シミュレーション

素材を組み合わせて悪魔を「召還」するシミュレーションゲーム

sim3.gif

「人工女神」は、各地を探索して収集した素材によって悪魔を召還するシミュレーションゲーム。

作品の舞台は、人間以外にも、魔族や霊族といった「悪魔」と呼ばれる生き物が存在する世界。主人公「ルーンワークス」は、そうした「悪魔」を召還して従属させる力の持ち主だ。しかしこの世界では、悪魔を召還することは重罪にあたり、力を乱用したルーンワークスは「監獄島」と呼ばれる流刑地に追放されてしまう…。

「監獄島」には強い瘴気が漂い、普通の人間であればすぐさま魔物と化してしまうのだが、ルーンワークスは、召還した悪魔「羽林」の力で瘴気を無効化し、何事もなく生き続けることに成功する。さらに、「ある目的」を果たすため、監獄島で素材を収集しながら悪魔召還を続ける…。

このゲームで悪魔を呼び出すためには、特定の素材を使う必要があり、素材を手に入れる方法は「探索」または、敵との戦闘に勝利すること。

そして、素材が集まったら、いよいよ悪魔の召還。召還では、表示される素材表の中から2種類の素材を選択でき、素材の組み合わせによって召還の成功/不成功が決まります。

召還できる悪魔は、主人公のステータスをアップさせる悪魔、「憑依」可能な悪魔、実体を持つ悪魔の3種類。

物語が進むと、主人公や主人公のまわりにいる人たちの過去が次第に明らかになり、主人公の目的などもはっきり見えてきます。さらに、主人公の行動によっては、島に住む住民と仲よくなり、彼らとの好感度を上げることで他の人々の過去を知ることもできるようになっていて、どのようなシナリオを見たかによって、エンディングがさまざまに変化します。

■作者のページ⇒http://sgst.hp.infoseek.co.jp/
■ダウンロードページ⇒http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se410430.html

ジャンル [シミュレーション]